猿田泰寛

長野県立松本深志高校、東京芸術大学音楽学部器楽科(ピアノ専攻)を卒業し、ウィーン国立音楽大学、同大学大学院ピアノ演奏家科に在籍し研鑽を積む。同大学にて第1ディプロム取得。
これまでに小村真理、江藤玲子、堀江孝子、野村眞理、ミヒャエル・クリストの各氏に師事。
東京芸大卒業試験にて優秀な成績を収め、東京芸術大学同声会新人演奏会に出演。リサイタル・ジョイント活動の他、ミュンヘン室内管弦楽団(指揮:クリストフ・ポッペン氏、共演:杉木峯夫氏)、チェコフィルハーモニー管弦楽団六重奏団、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団・ウィーンフォルクスオーパーのメンバーで構成される「グスタフマーラーカルテット」、オーケストラアンサンブル金沢(指揮:天沼裕子氏・共演:松本和将氏)、ポーランド・シレジアフィルハーモニー管弦楽団(指揮:ヴウァシュチック氏/松本市音楽文化ホール30周年記念コンサート)とソリストとして共演。
また、ピアニスト根岸弥生氏との2台ピアノデュオ“L’ail Kreis(ライル・クライス)”としてユニバーサルミュージックよりCD『L’ail Kreis』でメジャーデビュー。NHK特集番組のテーマ曲を担当し全国放送された他、オーストラリアにおける総合文化フェスティバル「ヌーサ・ロング・ウィークエンド」へ出演した他、全国各地でコンサートを開催。2012年には全国12会場にて合計約2万人の聴衆の前でパフォーマンスし好評を博する。
2011年に「松本ピアノ協会」を設立し同協会代表に就任し、全国初となるノージャンルの大規模ピアノ祭「松本ピアノフェスティバル」を企画・運営。その他「日本香港国際音楽コンクール」の審査員として香港に招聘されるなど国内外のコンクール審査を行うなど、精力的な活動を行っている。平成22年度、松本市文化芸術表彰奨励賞受賞。
松本市音楽文化ホール運営委員会委員長(2018年現在)。

小村真理

長野県松本深志高校、国立音楽大学卒業。
音楽教室講師として、幼児から受験生にいたるピアノ・ソルフェージュの指導等を行い、東京芸術大学音楽学部をはじめ、武蔵野音楽大学、国立音楽大学、お茶ノ水女子大学音楽科、大阪教育大学音楽科、信州大学教育学部音楽科、静岡大学教育学部音楽科などに、多くの生徒を導いた。ピティナ、長野県ピアノコンクールにおいて、全国大会進出、最優秀賞受賞など、多くの生徒を入賞に導いている。
2018年3月まで松本短期大学において、ピアノ実技や、リズム感、表現などの音楽の基礎力を養う授業を行い、幼児からの音楽教育分野の研究に携わった。
地域での音楽活動においても、幼稚園や保育園、老人施設などで、コンサートやオペレッタの公演等を行い、多くの方々に音楽の楽しさを伝えている。
著書には、「子どもの歌のピアノ伴奏法」がある。

山本貴志

1983年長野県生まれ。5歳でピアノを始め、97年第12回長野県ピアノコンクールでグランプリ受賞。98年第52回全日本学生音楽コンクール東京大会中学校の部で第3位入賞。2001年には第70回日本音楽コンクール第3位。02年桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業後、ソリストディプロマコースに在籍。03年より5年間、ワルシャワ・ショパン音楽アカデミーに在学。04年第56回プラハの春国際音楽コンクール第3位入賞及び最年少ファイナリストに贈られる“ヴァレンティーナ・カメニコヴァー”特別賞を受賞。第6回パデレフスキ国際ピアノコンクール第5位。04年度文化庁新進芸術家海外留学研修員。05年第4回ザイラー国際ピアノコンクールにおいて満場一致で優勝およびショパン作品最優秀演奏賞受賞。同年第15回ショパン国際ピアノコンクール第4位入賞。06年アメリカ・ソルトレークシティでの第14回ジーナ・バッカウアー国際ピアノ・コンクール第2位入賞。第33回日本ショパン協会賞を受賞。08年ショパン音楽アカデミーを首席で卒業。これまでに大島正泰、玉置善己、ピオトル・パレチニの各氏に師事。ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団などをはじめとする国内外のオーケストラと共演を重ねるほか、リサイタル、室内楽公演などを精力的に行っている。avex-CLASSICSより「ショパン:ワルツ集&舟歌」と「ショパン:ノクターン集」をリリースするなど、今もっとも期待される若手ピアニストのひとりである。現在、ポーランド・ワルシャワ在住。